読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOUPE Engineer Blog

Technology, Design, Education

Hubotさんをかしこくしたい計画実施中

最近視力の弱体化が益々進んできてしまっているべーたです。どうも!

LOUPEでは社内チャットツールとしてSlackを利用しているのですが、そこにこっそりとチャットbotであるHubotさんが活動しています。が、あまり有効的に活用されていないという実情もあったので、超々初歩的スクリプトの追加を通してエンジニアチームに啓蒙してみました。

ちなみに後日談として、早速兵庫県から機能追加Pull Requestが飛んできました :+1: 

f:id:beta_chelsea:20150703070248p:plain

 

これで朝のお天気コーナーを見逃しても、Slack通知で「あ、今日傘いるなー」とか「今日は半袖だなー」とかを考えることができるので、そこそこ重宝しております!iOSのSlack通知の表示に必要内容が収まるように、重要なことは最初のほうに書く、という地味な工夫もしてあったりします。

自分としても、超々初歩的スクリプトを書いてみただけで、まだ全然Hubotを遊び尽くせていないです。引き続きチマチマと育てていきたいと思います。特にbrainあたりがまだ使いなせていないので、色々やってみたいですね!

 

Markdownがアツイ…ッッ!!

最近、手書きメモでもMarkdownを使うようになってきたやましーです。こんばんは。

LOUPE Studyの日ということで、今日はMarkdownについてお話しました。tofu_on_fire!

www.slideshare.net

なんとなく見よう見まねで使っていたMarkdownですが、調べてみると便利な機能がいろいろありました。

特に、こう書くと

[Google][]
[Google]: http://google.com/
<a href="http://google.com/">Google</a>

上のようによしなに解釈してくれます。びっくり!(詳細はスライドをご覧ください)

この記事もMarkdownで書いています。もちろん、上のような機能も使っていますよ(`・ω・´)

[スライド]: http://www.slideshare.net/yamasy1549s/markdown-47993837:embed:cite `Markdownがアツい`

いやぁMarkdownすばらしい。

QiitaやGitHubでも独自拡張Markdownが用意されているので、使いこなせたらかっこいいですね!

普段はどちらかといえばMarkupをしているので、たまにはちょっと怠惰にMarkdownしてみるのも気持ちが良いものでした。

参考

Markdown公式ドキュメント

【Markdown】TOEIC 370ぐらいで美少女高専生の後輩「また同じURLをコピペしてるの?」

次は

5/25(月): べーたさんの番です!

Trello APIで遊んでみた話をしました

こんにちは。エンジニアチームの向平です。

先週行ったLOUPE Studyで、「Web APIを使って生活を便利にしたい件」というタイトルで発表をしました。

過去にTwitter APIやYahoo!のAPIで作ったものの話をした後、LOUPEでもお世話になっているTrello APIで遊んでみた話をしました。

 

今回作ったのは遊びのアプリでしたが、他にもいろいろと出来そうで、エンジニアだけでなくマーケティングチームの人たちの作業を効率化することにつなげたりできそうです。

Twitterやfacebookなど各種SNSや、Yahoo!のAPI、最近だとオープンデータが熱かったりしますね。

少し古めの記事ですが、こんな記事も。ハッカソンのネタ探しにどうでしょうか。

www.find-job.net

有名ドコロのWebサービスだとGemが用意されていて数行のコードで面白いことができるので、みなさんもやってみてはどうでしょうか。

以上、プログラミングで生活を便利にする系の話が好きなので、もっと面白そうなことをやってみたいなと思っている向平からでした。

次回はやましーの出番です! *1ワクワク

*1:o(´∀`)o

簡単に開発できる今だからこそのセキュリティへの意識

末永です。

先日LOUPE Studyにてセキュリティについて話をしました。

僕らの会社では全てのコードはレビューを通して、セキュリティチェックを行っていますが、改めてセキュリティへの意識を高めてもらいたいとどうしてXSSが怖いのか、HTTPSで通信するのか等についてつらつらと話をしました。

私たちの会社では積極的にRailsを採用しています。Railsは非常にいいフレームワークです。CoC(設定より規約)という考え方があり、かつだいぶベストプラクティスも固まってきているので初学者でもすぐに開発の現場に入る事ができます。

だけどこれが良い点なのですが悪い点でもあります。データベースやHTTP通信、セキュリティの話を知らなくても開発が出来てしまう。

確かにベストプラクティスはある程度固まっていて、こういうコードは書いちゃいけないという話はあるけれどもなぜそれがダメなのか、そこを知らないとどうしてもミスが出る。

Railsに乗っていればある程度の事はよしなにやってくれますが、しっかりとした基礎知識がいらないという事はないですね。昨今ハッカソンやスタートアップが流行っていますが、Webサービスを提供するのであればセキュリティに対する責任と自覚を持ちましょう。世に出した時点で責任を伴います。

何よりまずはセキュリティ脆弱性の怖さを知る事が大切ですね。そしてセキュリティの脆弱性としてどういったケースがあるかを学び続ける事。

セキュリティの意識を高め、安定・安全なWebサービス提供を心がけたいですね。

 

speakerdeck.com

高専プロコンの思ひ出についてつらつら語りました

こんにちは、エンジニアチーム高専卒のべーたです。

 

高専プロコン=全国高等専門学校プログラミングコンテストです。長いので略です。

勉強会ネタ不足に苦しんでいたところ「高専プロコンの話聞いてみたいです」という天の声が現役高専2年の子から振ってきたので、思い出話会を実施しました。

よくよく思い返すと自分が本選出たのは2008年/2009年なのでかなり前ですね...。時代は進化してますね...。

一番驚いたのはソースリスト提出がオンラインになってたことでした。そりゃそうか。

 

 

4月1日より高専プロコン公式サイトに2015年度の募集要項が公開されています。

今年は第26回長野大会です。( ゚д゚)ハッ! 長野...行けるぞ...!

現役高専生のみなさん、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか!

全国高等専門学校プログラミングコンテスト - Official Site

 

loupe-iconを公開しました!

はじめまして。3月からLOUPEにインターンさせてもらっているやましーです。

この間、SENSEINOTEで使っているアイコンをbower component化しました!わーい!

今日は、やましーがcomponentを公開した経緯を書いていこうと思います。

 

追記(2015/04/02): 勉強会のスライドあげました。 

www.slideshare.net

なぜbowerか

bowerは、フロントエンドで使うもろもろのファイルを管理してくれる子(ざっくり)。Twitter社が作ったみたいです。今回はじめて知りました。

Webアプリを作っていると、読み込んでくる外部ファイルがごちゃごちゃになることがよくあります。特にバージョンの話とか。依存関係とか。それがbowerを使うと、コマンド1つで全て解決しちゃうんです。

あと、JSだけじゃなくてCSSもフォントも管理できるのがうれしい。

 

ということで

ちょっと前に、SENSEINOTE・Web版のアイコンをアプリ版に揃えたんですね。そのときついでに、デザイナさんが描いてくれたアイコンを全部Webフォント化しました。

CTO「SENSEINOTEだけで使うのはもったいない、公開しちゃおうよ。」

やましー「まかせてください!」

 

f:id:yamasy1549:20150317125831p:plain

 

つくりました、bower component loupe-icon (& rails-assets-loupe-icon)。

loupe-icon 一覧

GitHub - loupe-icon(使い方など)

まとめ

技術的なこと(bower & rails-assetsへの愛)は話しだすと止まらないので、Qiitaにまとめました。

qiita.com

 

スライド資料にWebページに、LOUPEオリジナルのフォントをどんどん使えますね!(ライセンスはMITです)

 

社内勉強会で「みんなもっと開発の道具を磨いていこうぜ!」という話をしました。

こんばんは。最近ポエム力が高まっているエンジニアチームの向平です。

さて、1月26日月曜日の社内勉強会で、「みんなもっと開発の道具を磨いていこうぜ!」という話をしたのでその記事を書きます。

1枚目のスライドにある通り、「自分とLOUPEのみんなの意識を高めるために」こんな話をしました。みんな開発に夢中になって、なかなか開発の道具を見直す方向へ意識が向かないと思うけど、たまに時間をとって開発環境を見なおしてみよう、ということで。

僕もずっと前にリファレンスを読みながら.vimrcを書いて、それに継ぎ足し継ぎ足ししながら現在の形になってるけど、最近の流行りとかもっと便利なプラグインとか全然知らないし、何より「なんか使いづらいな。」と思う部分を放置してしまっていて非常に良くない。

そんな状況を打破するため、自戒の意味も込めて発表しました。

これだと本当にただのポエムになってしまいそうだったので、最後に「設定ファイルはdotfilesというリポジトリを作ってGitHubに上げておくと良いよ!」という話もしました。ちょうどみんなのdotfilesも見てみたかったし。

「最近開発の道具を磨いてないな。」そう思ったみなさん、ぜひ自分の開発環境を見なおしてみてはいかがでしょうか。

以上、向平でした。次は鈴木ちゃんがおもしろい話をしてくれると思います。お楽しみに!